夜行バスの歴史|思う存分楽しめる安いホテル情報|理想の空間で気分転換
婦人

思う存分楽しめる安いホテル情報|理想の空間で気分転換

夜行バスの歴史

バス

日本における夜行バスの歴史は、1960年代JRの前身である国鉄が列車の補完として走行させたのが始まりです。当時は高速道路も整備されておらず、バスも路線バス同様の車体や内装だったため、とても利用しにくいものでした。 1983年関西と九州の私鉄企業が共同で夜行バス会社を創立し、1986年に新型のバスを導入して福岡・大阪間に「ムーンライト」という夜行バスを走行させました。これは各席が独立したリクライニングシートの他、水洗トイレ、自動車電話などが装備された豪華なバスで、しかも運賃が他の交通機関に比べて格段に安かったため、高い人気を集めました。 その後、首都圏や全国の主要都市を中心に様々な企業が参入したため路線が増え、全国的な夜行バスのネットワークが形成されました。

夜行バスのメリットはまず価格の安さです。使用するバスにはトイレ付きや、座席の幅やリクライニングの角度に違いがあったりなど様々な種類があります。快適性が増すにつれ料金が高くなりますが、それでも新幹線や航空機に比べると安価です。 また、夜寝ている間に移動ができるので、ホテル代が浮き、時間や経費の節約が出来ます。早朝に到着する場合が多いので、目的地で1日をフルに使うことが出来ます。到着場所はターミナル駅の他、数か所選ぶことが出来るので、とても便利です。また、現地の出発も夜間なので、出張などの仕事が終わってから乗車できます。 デメリットとしては道路の渋滞に巻き込まれる恐れがあることです。どんなに遅れてても夜行バス料金の払い戻しはありません。またいびきなどに敏感で神経質な人はなかなか寝付けない場合があります。また、出発の日にちが迫った場合はキャンセル料がかかる場合があります。